Vorwerk

ロボット掃除機VR300 アプリダウンロード&設定ガイダンス

ロボット掃除機コーボルトVR300用アプリ「Kobold Robot」のダウンロードとアプリの設定方法のご案内です。

アプリの設定前に

  • VR300の充電を行う
  • 利用する場所のWi-Fiパスワードの準備をしておく

「Kobold Robot」のダウンロード

※実際に使用するスマートデバイスでアクセス、ダウンロード・設定をしてください

Kobold Robot アプリ

※App Store、Google Playで「VR300」の検索でも可能

ダウンロード後の設定方法

左:Google Play 右:App Store

1

インストール画面

2

ダウンロード後、アプリを開くと表示される『通知を許可』にすると、
VR300の掃除中のエラーメッセージや掃除完了などのお掃除状況の
通知を受けることができる。

3

初めてアプリを使用する場合は、
最初にアカウントを作成する必要がある。
『アカウントを作成する』から始める。

4

『アカウントを作成する』をタップすると、
国名が表示されるので一番下へスクロールし、
『日本』を選択し、『次に進む』をタップ。

5

『利用条件』と『データ保護ガイドライン』をタップし
内容を確認の上『次に進む』をタップ。

6

『メールアドレス』『パスワード(英数字6文字以上)』を入力する。
パスワードは確認の為、2回入力が必要。
パスワード欄右端の目玉のアイコンをタップすると入力したパスワードがその時だけ可視化される。
入力が終了したら『アカウントを作成する』をタップ。

左:Android 中央:iOS 右:アプリトップ画面

7

上図の表示で『OK』をタップすると、アプリトップ画面が表示される。
一旦アプリを離れ、入力したメールアドレス宛に送信されたメールを確認する。
もし届かない場合は迷惑メールフォルダなどに振り分けられていないか確認する。

左:Android 中央:iOS 右:認証タップ後の表示画面

8

届いた本文内の『認証』ボタンをタップすると、上図右の画面が表示され、アカウント作成が完了する。

9

前項8で『認証』ボタンを押すと同時に再度メールが送信され、
Eメールアドレスの認証が完了、アプリの使用が可能になる。
(ホーム画面にアプリのアイコンが追加される)

10

ホーム画面のアプリのアイコンをタップしてアプリを開き、『ログインする』をタップ。
アカウントを作成した際に使用したメールアドレス、パスワードを入力しログインする。

11

ログイン後、上図のように動画再生の画面になる。
VR300が届いてからのセットアップ(アプリ設定は除く)を動画にしたもので、
視聴してもしなくてもこの後のアプリ設定には影響はない。
画面下部の『ロボットを追加する』をタップして設定を開始する。

12

VR300を選択する。
VR200も表示されるが、日本国内ではVR200はアプリ対応していない為、
選択してもその後の設定はできない。
『次に進む』をタップする。
この後は基本的にアプリの画面の指示に従って設定をしていく。

13-1

VR300本体左下にあるSTARTボタンを1度軽く押し、右上のLEDが下記のように点滅するのを確認する。

点滅が終わったら(約30秒)、次項の設定に進む。

13-2

VR300右上の『SPOT』と『ECO』のタッチボタンを二本の指で軽く押し続けると、
一番上のWi-Fiマークがゆっくりと点滅する。
『次に進む』をタップする。

14

次に、一度アプリから離れ、iOSやAndroidの設定画面を開き、Wi-Fiの中の『VR Robot』を選択する。
選択することにより上図下部の『次に進む』ボタンが緑色に変わり押すことができるようになる。
※画像はiOSの表示例

15

上図のように周囲のWi-Fiが表示された中で、『VR Robot』を選択する。
もし『VR Robot』が見つからない場合は13-2に戻り、
再度『SPOT』と『ECO』のタッチボタンを二本の指で軽く押し続け、
一番上のWi-Fiマークをゆっくりと点滅させる。

16

『VR Robot』が正常に選択されると、上図のように『インターネット未接続』と表示されるが
問題ないのでVRのアプリに戻り、その後の設定を続ける。

17

アプリに表示されているWi-Fiの中で、VR300を使用する場所で使用しているWi-Fiを選択する。
その際、2.4GHz(末尾付近に「G」がついている)を選択する。
※5.0GHz(末尾付近に「A」がついている)には対応していません。

18

Wi-Fiを選択後、そのWi-Fiのパスワードを入力する。
右端の目玉マークをタップするとパスワードが可視化されるので入力間違いを防げる。
入力が終わったらキーボードの『Done』または『次へ』を押す。

19

次に、ロボットの名前をつけるようアプリが要求してくるので、好きな名前をつける。
漢字、ひらがな、かたかな、ローマ字、数字の何を使用しても可。
キーボードの完了を押すと次へ進む。

20

アプリが自動的にVR300と同調を開始する。
上図のように、順に1~4までチェックマークが入れば同調完了、
3にチェックマークが入ったタイミングで、VR300から接続成功を表すメロディが流れる。
うまくいかない場合は13-2からやり直す。
『OK』を押す。

21

『準備が整いました』との表示が出て、『スタート』ボタンをタップすれば、掃除を開始する。
但し、この時点では部屋のマップが作成されていない為、次項22にてマップを作成する。

22

21の画面が出ると比較的すぐに、上図のようなポップアップ画面が出る。
間取りの地図(マップ)を作成するために『スタート』を押す。
すぐに掃除をスタートさせたくない場合は『後で』を押す。
『No Goライン』については28を参照。

23

次に、間取りの地図(マップ)を作成する前の確認事項が表示される。
VR300が正確な地図を作成するには部屋の環境を整えることが重要。
※めくれやすいマットや衣類、電源コードなどは片付けておく。
『次に進む』を押すと掃除を開始する。

24

掃除を開始すると、上図のような画面になり、マッピングをしながら掃除を行う。
始動後しばらくすると、右下の『BASE』ボタンが緑色に変わり押せるようになる。
『BASE』ボタン押すとVR300は掃除を中止し、ベースへ戻すことができるが、設定を続ける為、そのまま続行する。

25

掃除が終了するとベース(充電ステーション)へ戻る。

26

掃除が終了するとすぐに上図のように
『新しいフロアプランが利用可能』と表示されるので、それをタップする。
または、上図の右上にあるアイコンを押すとフロアプランが表示される。

27

表示された「私のフロアプラン」はVR300が掃除した場所を表している。
薄緑色の部分が掃除した箇所、濃い緑色部分は掃除をしていないが、
レーザーセンサーが届いてマップを作成している場所。
右下の『イエス』を押すと、このフロアプランに名前を(居間等)つけて保存する。

28

フロアプランに名前をつけて保存すると、上図のような『No-Goライン』についての案内が表示される。
No-GoラインはVR200の磁気テープの役割をするもので、
フロアプランに実際に指で線を引きVR300の侵入範囲を制限する。
『次へ』を押す。

29

上図の画面下部中央の『No-Goラインを追加』ボタンを押し、指で制限したい場所に線を引く。
線は複数引くことができ、それぞれが交差することも可能。
但し、VR300のスタート位置に近すぎたり、複雑な線を引くと上手くいかないこともある。
2本の指で拡大することも可。

30

追加した『No-Goライン』が引かれたフロアプランを保存する。
保存されたフロアプランは次回以降の掃除に適用される。
その為、制限を行いたくない場合は次項30の図の『私のフロアプラン』から削除することができる。

31

上図の画面から、フロアプランの作成、削除、スケジュール設定(お掃除予約)ができる。
また、アカウントをログアウトする際は『ユーザー設定』から入り、
右上のアイコンをタップすればログアウトする。

32

スケジュール設定をするには上図の画面から行う。
『スケジュールを有効にする』の横のボタンをスライドさせる。
その後『クリーニングを追加する』ボタンが有効になるので押し、設定へ移る。

33

『繰り返す』をタップし、予約する曜日を設定する(複数日可)。
曜日を保存するには右上の『ㇾ』をタップ。
その後時刻を設定、ECOモード設定にする場合は
ボタンをスライド→再度右上の『ㇾ』をタップし保存。

その他注意事項

家族の複数人がVR300アプリを操作したい場合

1台のVR300に対し、複数のアカウント開設は無効。その為、各自のスマホにアプリをダウンロード後、同じ登録時のメールアドレス、パスワードを使いログインをすることにより、複数のスマホから操作が可能になります。

家族内で複数人がアプリ操作をする場合は、共有可能なメールアドレス、パスワードを設定する必要があります。

Wi-Fi設定をリセットする

次のような場合にWi-Fi設定をリセットする必要があります。

  1. VR300を他人に譲る場合
  2. Wi-Fiを別のものに変更する場合 など

リセットするにはVR300の「電源ボタン」と「バンパー右横の手前部分」を同時に、各LEDが消えるまで数秒間長押しをします。

VR300の「電源ボタン」と「バンパー右横の手前部分」
『VR Robot』が見つからない時

で、Wi‐Fi選択画面の中に『VR Robot』 が見つからない時は以下をお試しください。

  • マークがゆっくり点滅しているか確認
  • 高速点滅状態の場合はに戻り再度ゆっくりな点滅状態にする
  • スマホの設定画面で一度Wi-Fi設定を切り、再度入れ直す
  • 電波を受信する場所を少し移動してみる

カタログ無料送付

製品カタログをお手元に無料で送付いたします。ご希望の方はこちらのフォームからお申し込みください。

ショールームのご案内

ご覧の製品を実際に手に取りホームケアアドバイザーからの説明を受けてみませんか?

デモンストレーションのお申込み(VK140のみ)

フォアベルクのホームケアシステムの素晴らしい性能と「そんな所もお掃除できるの?」という多機能性を、実際にお掃除をなさるその場所で体験してみませんか?

ショッピングガイド

フォアベルクオンラインショップの利用方法を商品の選び方から購入までの流れに沿ってご説明します。

コーボルトの約束

フォアベルクとコーボルトジャパン株式会社は非常に明確でお客様の利益を重視したポリシーを掲げています。

健康・衛生及び環境への取り組み

環境意識や健康、そして衛生観念を高く持つことで、フォアベルクの商品は発展してきました。