Vorwerk

ハードフロアクリーナー コーボルトSP600

サービスホットライン

0120-26-8888

受付時間 9:00 ~ 17:30 (フリーダイヤル)
(年末年始、祝祭日を除く月~金)

さらに便利に、さらに効果的にホコリの吸引と拭き掃除を同時に行います

ハードフロアクリーナー コーボルトSP600

フローリングの念入りなお掃除 - 必要なのはアレルギー患者の方だけではありません

カーペットにくらべてフローリングなどのハードフロアはお掃除が簡単なため好まれるようです。これは事実ですが、フローリングはカーペットに比べてひとつ大きな欠点があります:ホコリが空気中に舞ってしまうことです。このため動作に合わせて気流が動くごとに空気中のダスト粒子を吸い込むリスクが高いのです。それに比べてカーペットは繊維とホコリが絡み合うため空気中にホコリが舞ってしまうリスクは比較的低いのです。フォアベルク社は135年以上カーペットを製造しており、ホコリの吸着性を高めるために床にカーペットを敷くことをお勧めする場合もあるほどです。カーペットを敷くことでホコリが粘膜と接触する可能性は下がります。ただもちろん最低でも週2回はカーペットの掃除をする必要があります。

ホコリが自由に舞い動くためフローリングはカーペットよりも頻繁に掃除をする必要があります。できれば毎日お掃除することをお勧めします。多くのクリーナーはフローリング上での集塵率は高いのですが、タイル等の隙間、目地の間や部屋の隅やへりとなるとパフォーマンスに大きな差が表れ始めます。ホコリを吸い取るだけでは十分ではなく、フローリングは定期的に拭き掃除を行う必要があります。

フローリングの拭き掃除 - コーボルトSP600を使えばこの上なく簡単です

さまざまなハードフロアの徹底的な拭き掃除を行いながら同時に貴重な時間を短縮、コーボルトSP600を使えばこれが実現します。木製、ラミネート、タイル、石製などの床のホコリを吸引しながら同時に拭き掃除を行います!ワンステップで拭き跡も残らず、掃除にかかる時間は約半分に短縮できます!

コーボルトSP600は高い洗浄力を誇る専用洗剤コボクリーンをタンクに内蔵し、これが浸透したクロスを振動させながら床の上を移動させることにより素晴らしいクリーニング効果を得られます。一見清潔そうに見える床でもコーボルトSP600を使用後のクロスを見ればいかに汚れていたかが一目瞭然です。高い湿度と細かいホコリの組み合わせはしばしば床の上に粘着質のホコリの膜を形成してしまうのです。コーボルトSP600を使えばこのホコリの膜を除去できます。使用前と使用後の床に触れて違いを実感してください。ベタベタ汚れが確実に取れたことを実感されるはずです。

特別な労力をかけることなく拭き跡のない清潔な床がよみがえります。腰に負担をかけて床にひざまづく必要も重たいバケツを持ってまわる必要もありません。力を入れて拭く必要も何度も汚れた雑巾を絞る必要もないのです。

さらに素晴らしいのは、コーボルトSP600を使えば環境にやさしいお掃除ができることです。通常の拭き掃除に比べて使用する水と洗剤の量を96%も削減できます。専用洗剤コボクリーンは環境に優しく生分解性です。子供、ペットを含む大切な家族の健康をおびやかすことはありません。

コーボルトSP600のクロスは濡れているのではなく湿っただけの状態ですので、板の間のように水に弱い材質の床であっても傷めることなくお掃除ができます。天然コルクなどのコーティング処理をほどこしていない床だけは湿ったクロスを用いることができません。こういった床にはドライクリーニング用の特別クロスをご用意しています。またコーボルトSP600は粗い表面のコンクリート床の掃除にも適しておりません。

コーボルトSP600の水分使用量はごくわずかですので、高湿な環境であっても掃除後、床が乾くまでに必要な時間はとても短いです。またカビやダニの発生も防ぐことができます。

コーボルトSP600の使用方法はとても簡単で便利です

SP600の洗剤用内蔵タンク

コーボルトSP600にはタンクが内蔵されており、まずこちらに専用洗剤コボクリーンを3mlと水道水を260ml入れます。こうして作られた洗浄液は自動でクロスへ浸透し、床の種類や汚れの程度に合わせて湿り気のレベルを3段階に調節可能です。洗浄液の浸透が自動で行われることにより、一枚のクロスでお掃除できる面積は従来のものと比較して60m²にまで広がりました。

コーボルトSP600本体へのクロスの取り付け・取り外しはとても簡単です。キャリアプレートをクロスが下向きになるように床へ置き、SP600をその上へ転がしてゆっくり傾けると、クロスは自動的に正しい位置へ取り付けられます。取り外す際はコーボルトSP600の左側後方についたクロスキャリアリリースペダルを足で押すだけで外れます。

作業を中断したいときには本体を前方へ傾けると停止モードとなり運転を一時停止します。本体を前方へ傾けると停止モードがリリースされ、再び動き出します。とても簡単です!

このようにたった3mlの専用洗剤コボクリーンと260mlの水道水だけで60m²も拭き掃除ができるため、コストパフォーマンスも良く環境にもやさしいです!

ハードフロアクリーナー コーボルトSP600詳細

コーボルトSP600表面
  1. 自在に動くジョイント部
  2. スリムかつフラットなデザインで家具の下の床もラクラク拭き掃除できます
  3. 前方に倒すと簡単に安全に停止モードに変更できます
  4. クロスキャリアリリースペダル
  5. 効率よいお部屋の隅やへりのお掃除用にクロスが少し飛び出したデザインになっています
  6. 着脱可能な洗剤用内蔵タンク付きで手を汚さず衛生的に拭き掃除ができます
  7. 湿り気レベル用のLED波表示
  8. 水分感知センサー付きのエアフラップ
コーボルトSP600裏面
  1. 吸引口
  2. 洗剤供給口
  3. クロスキャリア上に設置された洗剤浸透用の溝システム

基本キット(SP600セットに含まれる)

1 床用合成洗剤コボクリーン(汎用/SP600用) 500ml、2 クリーニングクロス(MF600 UNIVERSAL) 3枚入り
 
1  床用合成洗剤コボクリーン (汎用 / SP600用) 500ml
2  クリーニングクロス (MF600 UNIVERSAL) 3枚入

ご使用方法:50%の時間短縮で100%満足の仕上がり

ステップ1: クリーニングクロスをクロスキャリアに取り付ける

①クリーニングクロスの裏面にプラスチック製の固定具がついていますので、これをクロスキャリアのスリットに差しこみます。②その後クロスキャリアをクリーニングクロスへしっかり押し付けると③マジックテープで固定されます。

クリーニングクロスをクロスキャリアに取り付ける手順

ステップ2:クロスキャリアをコーボルトSP600に取り付ける

クロスキャリアのセット手順

①キャリアプレートをクロスが下向きになるように床へ置き、②SP600をその上へ転がしてゆっくり傾けると③クロスは自動的に正しい位置へ取り付けられます。

セットイメージ

ステップ3:タンクに洗剤をセットする

①SP600から内蔵タンクを取り外します。②タンクのキャップを外し、③そのキャップにコボクリーンをマークのある所(3ml)まで入れ、④タンクに注ぎます。次に⑤タンクのマークのある所まで水を注ぎ、キャップを閉めてから⑥⑦SP600へ装着します。これで準備完了です!

SP600から内蔵タンクを取り外す
タンクのキャップにコボクリーンをマークのある所(3ml)まで入れ、タンクに注ぎ、マークのある所まで水を注ぐ
タンクのキャップを閉めて、SP600へ装着する
タンクのキャップにコボクリーンをマークのある所(3ml)まで入れ、タンクに注ぎ、マークのある所まで水を注ぐイメージ
タンクのキャップを閉めて、SP600へ装着するイメージ

ステップ4:お掃除スタート

グリーンの電源スイッチで吸引レベルをautoに設定します 湿り気レベル用のLED表示

まずグリーンの電源スイッチで吸引レベルをautoに設定してください。ドライモードもしくは湿り気レベルは3段階調節ができます。最初はドライモードになっているので、電源スイッチ下のグレーの機能ボタンを押すことにより、ドライモード→湿り気レベル1→レベル2→レベル3→再びドライモードへ、と変更できます。

湿り気レベルはSP600についたLED波表示で確認することができます。湿り気レベルによりクロスに1回30mlの洗剤が自動的に浸透する間隔が変わります。レベル1では150秒ごと、レベル2は100秒ごと、レベル3では50秒ごとに洗剤がクロスへ塗布されます。

機能ボタンを長押しすると、追加で30mlの洗剤がクロスへ塗布されます。スタート時にはクロスが完全に乾いた状態ですので、この機能を使えばすぐに湿ったクロスでお掃除を始められます。この機能は電源を入れたら一度しか使えないため、さらに追加塗布したい場合には一度電源を入れ直してください。

ホコリは前後の吸引口より吸い込まれていきます。同時にクロスキャリアが毎分1350回の速度で振動します。この振動によりコーボルトSP600はほぼ自動的に床の上を移動しながらフィルム状のベタベタ汚れを床にやさしくかつ徹底的に拭き取っていきます。

水260mlとコボクリーン3mlで60m²の床をキレイにすることができ非常に効率の良いお掃除ができます。

ご使用後のクリーニングクロスの取り外しについて

VK200本体を後方に傾ける

ご使用後は①VK200本体を後方に傾けた状態で②SP600の左側後方にあるクロスキャリアリリースペダル(緑色の線部分)を足で押すと、③クロスキャリアをSP600本体から取り外すことができます。

クロスキャリアリリースペダルを足で押す
クロスキャリアリリースペダル

クリーニングクロスの取り外しについて

コーボルトSP600を湿ったクロスのついた状態で30秒以上放置しないでください。デリケートな素材の床を傷つける可能性があります。お掃除後は必ずクリーニングクロスを取り外し、なるべくすぐに洗濯してください。

湿り気レベルの選択

湿り気レベル 用途
ドライモード 湿り気なし
すべてのハードフロアに使用可
湿り気レベル1 わずかに湿り気を帯びた状態
板の間もしくはゆっくりとしたスピードでのお掃除に
湿り気レベル2 中程度の湿り気レベル
天然石製の床もしくは中程度のスピードでのお掃除に
湿り気レベル3 最大の湿り気レベル
天然石製の床もしくは速めのスピードでのお掃除に
洗剤の追加塗布 湿り気を足したいときに1セッション1度のみ使用可
お掃除スタート時のドライクロスを速く湿らせたいときやこびりついた頑固な汚れを除去するときに使用

クリーニングクロス (MF600 UNIVERSAL):マイクロファイバーで最高のパフォーマンスを

クリーニングクロス コーボルトMF600は高品質なマイクロファイバー製です。クロス1枚に600kmにも及ぶマイクロファイバー糸が用いられます。これは何を意味するでしょうか?

マイクロファイバーのV字形の構造は他のどんな素材よりも大きな表面を作り上げます。これにより多くの汚れをすくい取ることが可能なのです。MF600は従来品に比べさらに品質改良されています。

マイクロファイバークロスは非常に吸水性に優れています。たくさんの気孔と空気房が洗浄液の貯水庫として機能し、また掃除で出てくる汚れた水を閉じ込める役割も果たします。

クリーニングクロスMF600は摩擦に非常に強く、耐久性に優れています。また洗濯機や乾燥機も使用可能です。

マイクロファイバー比較イメージ

マイクロファイバー(上)と綿(下)の構造比較

お掃除スタイル
コーボルトSP600では水分を吸い取ることはできません!補助の水分感知センサー付エアフラップにより水分が本体の内部に入り込みダメージを与えることを防いでくれます。水分を感知するとエアフラップが開きコーボルトSP600は自動的に運転停止します。吸引口が乾くと運転を再開できます。

前方に押し出して倒すだけで便利に停止 / 運転モード切替可能

お掃除をいったん中断するときはVK200本体を前方に押し出して倒すと停止モードとなり、自動的に運転を一時停止します。再びVK200本体を前方に倒せば停止モードが解除され、運転再開しますが、コーボルトSP600を湿ったクロスのついた状態で同じ場所に30秒以上放置することはお控えください。

安全な停止ポジション

持ち上げずに転がしましょう

コーボルトSP600は少し重さがあります。これは優れたお掃除効果を得るためには十分な圧力が床にかかっている必要があるためです。ただしコーボルトSP600にはキャスターが付いていますので持ち上げる必要はなく、転がして運ぶことができます。

便利なご使用方法のヒント

コーボルトSP600はほとんどのハードフロアにお使いいただけます

しかし例外もあります。粗いセメントや布製の床はコーボルトSP600をご使用いただけません。またコーティング処理をほどこしていない木製や天然コルク製の床を湿ったクロスでお掃除することはできませんので、この場合にはオプションでご用意しているクリーニングクロスMF600(ドライ)をご使用ください。

床のお掃除に関しては必ず床材メーカーや製造元に注意事項等についてご確認ください。

Kobold MF600 Dry クリーニングクロスMF600(ドライ)

Kobold MF600 Dry
クリーニングクロスMF600 (ドライ)

フロアのタイプ別まとめ

ハードフロアのタイプ ユニバーサル ドライ
シーリングした/塗装された板の間
(床板、寄木張床)
++¹
オイル塗装/ワックス加工の板の間 ++¹
シーリングされていない/塗装されていない板の間
シーリングされたコルク床 ++¹
オイル塗装/ワックス加工のコルク床
シーリングされていない/無処理のコルク床
ラミネートフローリング + ++
弾性床材
(ポリ塩化ビニール、クッションビニール、リノリウム)
++ ++
天然石
(大理石、花崗岩、ジュラストーン、人工石など)
++ ++
多孔質天然石 (スレート、レンガ) + ++
クレイタイル (テラコッタ、レンガ、レンガ粘土など) ++² ++
施釉セラミックタイルと磁器タイル ++ ++
無処理タイル床 +
粗いコンクリート床 (骨材露出コンクリートなど)
織地床

マークの意味:++ 優秀 / + 使用可 / — 使用不可

* メーカーのクリーニングおよびメンテナンスに関する注意事項に従ってください
1) クロスにはマイクロファイバーを使用;メーカーのクリーニングおよびメンテナンスに関する注意事項に従ってください。
2) 粗い床面では表面がすり減ることがあります。

最高の結果のために:床用合成洗剤コボクリーン (汎用 / SP600用)

床用合成洗剤コボクリーン (汎用 / SP600用)

お掃除にはコボクリーンのみのご使用をお勧めします。コーボルトSP600専用に開発されたコボクリーンはほとんど泡立たず高刺激性の溶剤も使用していません。さらにコボクリーンは生分解性です。

クリーニングクロス (MF600 UNIVERSAL):さらに品質向上しました

クリーニングクロス(MF600 UNIVERSAL)

クロスの吸水性が向上し、タンクから水が自動的に一定間隔で供給されることにより、従来品の約3倍の面積にあたる最大60㎡までクロスを交換せずにお掃除ができるようになりました。

SP600

マイクロファイバークロスの織目が改善され、床上でのハンドリングがよりスムーズに操作できるようになりました。

クリーニングクロスMF600はSP600本体よりも幅広に設計されており、お部屋の隅やへりに沿ってしっかりお掃除ができます。

クリーニングクロスは洗濯機で60度までのお湯を使った洗濯が可能、乾燥機もお使いいただけます。ただし含浸効果のある柔軟剤や洗剤は繊維を傷つけてしまうためご使用をお控えください。

内部構造: ハードフロアクリーナー コーボルトSP600テクニカルデータ

SP600 内部構造
本体ハウジング 高品質リサイクル可能プラスチック
モーター メンテナンスフリーのDCブラシモーター
駆動部 レベル1:歯車ウォームギア
レベル2:メンテナンスフリーの歯車ベルトドライブ1,350rpm
タンク容量 約260ml
湿り気レベル設定 レベル1からレベル3(最大)まで
一度に自動浸透される洗剤量は常に30ml、塗布間隔により湿り気レベルを調整
電圧 AC 100V 50/60Hz
消費電力 100W (コーボルトの掃除機使用時のみ)
騒音レベル 87dB
(ホームケアシステム コーボルトVK200と組み合わせタイル床の上で操作時)
質量 約3.5kg
寸法 H約100mm(連結部を横にして)× W約310mm × L約370mm(連結部を横にして)
Instagram
このエントリーをはてなブックマークに追加

サービス情報

よくあるご質問

お近くのリペアセンター

フォアベルクのリペアセンターをお探しですか?: お手元のフォアベルク製品について、「あれ?ちょっとおかしいな?」「故障かな?」と思ったら、フォアベルクのリペアセンターにお問い合わせください。お近くのリペアセンターが対応します。

リペアセンター検索

カタログ無料送付

製品カタログをお手元に無料で送付いたします。ご希望の方はこちらのフォームからお申し込みください。

ショールームのご案内

ご覧の製品を実際に手に取りホームケアアドバイザーからの説明を受けてみませんか?

デモンストレーションのお申込み(VK140のみ)

フォアベルクのホームケアシステムの素晴らしい性能と「そんな所もお掃除できるの?」という多機能性を、実際にお掃除をなさるその場所で体験してみませんか?

ショッピングガイド

フォアベルクオンラインショップの利用方法を商品の選び方から購入までの流れに沿ってご説明します。

コーボルトの約束

フォアベルクとコーボルトジャパン株式会社は非常に明確でお客様の利益を重視したポリシーを掲げています。

健康・衛生及び環境への取り組み

環境意識や健康、そして衛生観念を高く持つことで、フォアベルクの商品は発展してきました。